村越板金: 藤枝市 岡部町新舟の「板金屋」2代目です はちまきで、頑張っています 新築工事はもちろん、改修工事・雨漏りの修理も致します 藤枝 焼津 島田 吉田 静岡方面に出没させていただきます 建築板金2級技能士 ・アーク溶接特別教育・高所作業車運転技能講習・特別職長教育 /:藤枝板金組合所属

屋根について

屋根について   ※各写真をクリックし拡大してご覧ください。

  • 屋根に使用する鋼板の厚みの基準は、
    ガルバリウム鋼板など→0.35mm
    ステンレス鋼板・銅板→0.3mm
    88折板→0.6mm
    から と、なっています。
    成型機械の関係または、形状の関係で、最低成型厚が、代わってきます。

  • 詳しくは、使用する鋼板についてを クリックして情報をご覧ください

屋根の改修について

別のページで詳しく説明して荒れますので、そちらをご覧ください。

成型小波/屋根  成型小波

成型小波は、色・板厚長さを指定して成型します。そのため、継ぎ目なしで施工できるのが特徴です。

しかし、勾配にもよりますが、あまり長尺になると、水下に水が集中し、山の高さを超え、雨漏りの原因になってしまう場合があります。

この場合、右の大波で、施工することをお勧めします。

価格は、安価で施工できます。

成型大波/屋根 大波クリアエンボス

成型大波も、色・板厚・長さを指定して成型します。流れ方向で10尺を超えるような、大きな屋根に向いています。

山の高さは、スレートと同じくらいの高さです。本来、笠付で長めのステン釘で留めますが、自分は、ステンのビスで、留めています。

価格は、小波よりは高くなります。

桟葺き 

&show(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename);

昔からある施工方法です。 瓦棒葺きとも、呼ばれています。

現場で比較的簡単に成型でき、色・板厚も自由に選べます。

安価では ありますが、大工さんに、桟木を打ってもらったりするので、全体的に見ると、そこそこ掛かります。

そのためか最近、下の製品に押され気味です。

加工しやすく施工する側としては、やりやすい製品です。

エバールーフ エバールーフ

エバールーフも、長尺で、施工できますが、横に長い屋根の場合、熱伸縮の関係で、6m以内で発注しています。これにより、ジョイントが必要になり、少し割高になってしまいます。

先を引っ掛けながら施工していくので、釘が隠れ雨仕舞、外観は、いいのですが、屋根の勾配は、3寸以上ほしいです。

価格は、少し高めですが、見栄えはいいです。

太陽光発電のパネル土台を設置するにも便利です。


自分のところは、唐草と面板巻・破風板巻を「一枚板」で、加工することにより、強度を付け、強風対策をしています。

軒・面板巻唐草ケラバ・破風板巻唐草



また、面板・破風板をハゼ組することにより、重なりの膨らみによる隙間を作りません。

面板巻ハゼケラバ・破風板巻ハゼ納まり


HG333 HG333

桟葺きに代わってできた施工方法です。これも色・板厚・長さを指定して成型します。

パチンと はめ込みながら施工するので、釘が見えなく外観がすっきりします。

ただ、あまり勾配がノロいと先端で水が回ってきてしまい、雨漏りの原因になってしまいます。

  • 成型の会社に改良を求めていますが、向こうも都合があるようで、未だになされていません。

役物も専用の物を使うので、やや高めかもしれません。

折板88 

折板は、製品自体が家の構造材に値する丈夫な製品です。

雨仕舞もよくステンの0.6mmで施工すれば、「一生もの」だと、自分は、思っています。

工場の屋根に使われる様に思われますが、住宅にも多く使われています。

しかし、屋根裏が狭いので屋根の熱が下の部屋に伝わりやすい事と、 これは、金属屋根全般に言えることですが、雨の音が結構するそうです。

価格は、そこそこしますが、それだけの価値は、あると思います。

折板166ハゼ

折板166ハゼの工事が終わりました。
この施工方法は、「インシュレーション工法」と言い、二重葺きにの間に断熱材を入れることによって、トタン屋根特有の暑さからの回避を狙った工法です。
作業の進行状況を順を追ってご覧ください。
鉄骨建て方
まだ、桜が残っている4月上旬に建て方を行いました。


タイトフレーム取付け
雨にたたられて、思うようにタイトフレームの施工ができませんでした。


下屋根施工完了
室内になる部分だけ、インシュレーション工法で施工します。


インシュレーション断熱金具施工
二重葺きとなる上屋根のタイト代わりの金具を取付けました。


断熱材敷き詰め
断熱材を敷き詰めていきます。


断熱材
こんな感じで敷き詰めてみました。


断熱材敷き詰め完了
敷き詰めが終わりました。ビニールが巻いてあったので、グラスウールを施工する際のちくちくすることは、ありませんでした。


断熱座飛散防止策
断熱材が舞って行ってしまうのを防ぐため、テープを張り巡らせました。


上屋根施工完了
上屋根の施工が終わりました。後は、外壁終了後にケラバを巻くようにします。


インシュレーション工法完了図
下から見た画像です。こちらも、外壁終了後に面戸を取付けます。

インシュレーション工法は、かなりの断熱効果が期待できます。

明り取り(ポリカ) 画像の説明

ポリカーボネイト樹脂でできた、塩ビ板に代わる材料です。塩ビ板より耐用年数は、長く、丈夫です。

  • 6尺から12尺までの定尺物です。
  • 『瓦屋根の上に作られた、ベランダの屋根を、ポリカのステンフック留めで施工した際、台風の時、ベランダごと飛んで行ってしまい、大工さんに「先に、屋根が飛ぶようにしないとだめだろ」的なことを、言われたことがあります。』

価格は、同じ定尺物の小波施工よりかかってしまいます。

一文字葺き(平葺き)  一文字魁「銅」

板金屋の真骨頂とも言える銅板屋根・一文字葺きです。

高価なので、玄関などの庇のみに用いられる事が多いです。

最近は、スライドして組んでいく施工方法も確立されてきました。

酸性雨の関係で銅板の屋根が、減ってきましたが、ガルバ鋼板やステン鋼板でもできますので、ご検討ください。

ここに紹介した以外の製品

屋根材は、ここに紹介した以外にも たくさん種類があります。

正直、自分が まだ施工したことのない 製品の方が多いくらいです。

そんな製品も 村越板金は、豊富な経験を基に
チャレンジして 施工していきますので、よろしくお願いします。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional